イチから教える、名古屋で会社設立するのに必要なこと! - 名古屋での会社設立に必要なことって?

イチから教える、名古屋で会社設立するのに必要なこと!

名古屋では会社の数も多く、新たに会社設立する方も多いです。
コレに興味が出てきた方も多いかと思いますが、会社とは実際にどうやって作るものか、最初は想像もつきませんよね。
本気で起業を決心したら何をすればいいのか、その手続きフローについてご紹介します。

まず最初にすべきことは、会社の名前や所在地、発起人など基本的な決定事項の確定です。
コレが決まらないと、なかなか会社のイメージも湧いてきませんよね。
その意味でも大事なのですが、手続きフローからいっても、これら決定事項の確定がスタート地点です。
コレを決めないと、定款という書類が作れません。
この定款という書類を作り、各関係機関で認証や登録ができると、その定款に書かれた通りの会社が設立されたことになるんです。
そのためにも会社設立では定款の作成が第一で、コレを作ることから手続きが始まります。

定款とはその会社のことが詳しく書かれている書類のことで、所在地や発起人などの情報から、株式の発行方法などその会社の運営規則も合わせて書かれています。
コレを詳しく読めば、その会社がどんなものか、基本的な部分はわかるようになっているんです。
コレを一から作ることが、会社設立手続きの始めになります。
定款という名前からして作るのが難しそうな書類ですが、記載事項さえ決まれば、個人でも作れなくはない書類です。
ただし、自分で作るときはインターネットなどにあるテンプレートなどを活用し、必要なところだけを穴埋めしていく形で作るのが基本ですね。
まったくの白紙から書式通りに定款を作るのは個人だと難しいため、自分で作るならテンプレートや作成補助サービスなどを探してください。

この定款は、自分で作らない方法もあります。
やはり専門的な書類になるため、司法書士や行政書士、税理士といった専門士業や、起業サポートサービスなどが作成を代行してくれます。
例えばこちらがおすすめです。http://www.venture-support.biz/nagoya-establish/
コレを利用する方も多いですね。

記載すべき項目について、必ず必要なのはその会社の名前、所在地、事業目的、資本金の金額、その会社の発起人の氏名と住所、発行可能な株式の総数です。
これらを決めないと会社は作れませんから、なるべく早い段階で決めておくといいでしょう。
これら以外の項目は任意ですが、株式の譲渡制限や取得制限つきの株式、公告の方法、取締役の任期に関する定めなど、取り決めを載せる方が多い項目もあります。
創業後のことまで考えた定款を作るためにも、一度専門家などに相談しながら、これら項目を決定するのがオススメです。

このように最初の手続きとなる定款の作成から、やや手間がかかります。
特に自分一人で手続きを進める予定の方など、スケジュールには余裕を持たせておくといいでしょう。
株式会社・合同会社設立の手順を確認しましょう。

定款が完成したら、それを公証役場という特殊な役場に持っていきます。
これは内容の証明が必要な文書などを持ち込む役場で、公証人という第三者が作った文書の内容を証明してくれます。
客観性の高い遺言の作成などでも使われる特殊な役場です。
これは日本全国に支部があり、名古屋にも当然あります。
ココでの会社設立では、名古屋を管轄する支部で定款の認証を受けることになるでしょう。

会社設立時の定款でコレが必要なのは、その後の会社の運営は、その定款の記載に沿って行うことになるからです。
いわば会社の運営方針の根拠になるのがこの定款ですから、この書類には高い証拠能力が必要です。
そこで会社設立時に公証役場で認証しておけば、その定款が確かに会社設立当時に作成され、内容も当時からそのようになっていたと、あとから確認ができるんですね。
するとその定款には高い証拠能力がありますから、あとはその定款の内容に沿って運営をやっていけます。
このためにも、会社設立のときに作った定款は、必ず名古屋の公証役場で認証を受けてください。

コレが終われば、会社設立の手続きもあと一歩です。
定款に記載した資本金を発起人の口座に振り込んだあと、法務局で登記の手続きを行います。
これが終わったら、会社のできあがりです。
法務局とは公証役場と同じ特殊な事務所で、やはり全国各地に支部があります。
名古屋にもこのエリアを管轄する支部がありますので、そこでこの登記を行ってください。

これはその会社の情報を公の場で登録する手続きになります。
会社を作るときは、どこの誰が何の目的で作った会社か、第三者が調べられる状態にしないといけません。
そのために必要なのがこの登記です。
ココで登録する定款は、すでに公証役場で内容が証明されているもので、非常に客観性の高いものですね。
それがこの手続きにより、公の場に登録されます。
これで作った会社の情報は公に公開され、調べようと思えばその会社のことを第三者が調べられます。

ここまで来れば、会社の設立に必要な条件をクリアできたことになり、法人活動をスタートできます。
このように名古屋での会社設立の手続きフローは、会社の重要書類の作成と、その認証や登録のフローになるんですね。
起業に興味が出てきた方は、ぜひ覚えておいてください。